インターネットに投稿する前に!あなたの書き込みは犯罪行為かもしれません!!

インターネットでは誹謗中傷が起こりやすいです

インターネットを用いれば、匿名での文章などの投稿が容易にできますよね。特別なことがなければ、それを誰が投稿したのか調べられることはありませんし、投稿者本人が自らの情報を公開することがなければ、基本的には匿名性は順守されます。そういう環境ですと、ネット弁慶という言葉があるように普段は言えないことでも言えてしまったり、どうせばれないだろうという気持ちで一線を越えてしまったりする事が起こりやすいわけです。その結果、誹謗中傷(名誉毀損や業務妨害などに該当)などの犯罪行為が起こることもあるというわけです。

たとえ事実だったとしても投稿は避けたほうがいいです

注意したいのは投稿した内容が仮に事実だったとしても、犯罪になることがあるということです。作り話ならまだしも、事実ならば許されて然るべきだとは私も思いますが、それでも相手が何らかの被害を被ることがあれば、犯罪に該当します。インターネットに投稿された情報は広がるのが早いので、被害も大きくなりやすく、自分の罪も大きくなりやすいです。また、事実ならば適切な行動に出さえすれば、相手に制裁を加えることが可能な場合が多いです。インターネットに投稿する前に、一考することをお勧めします。

ネット犯罪はすぐに足がつきます

インターネットでの誹謗中傷は、匿名でできる場合が多いので、投稿した本人を突き止めるのは難しそうに見えますよね。しかしその投稿がどこからされた物なのかは常に記録されています。法律や規定に抵触している場合は権限がある人なら容易に調べることができるわけなんです。また、直接誹謗中傷した(された)場合と違い、確実に証拠が残るのでネット犯罪のほうが立証されやすいです。匿名だからと軽い気持ちで投稿するのは避け、自身が書いた文章をよく確認する癖をつけましょう。

逆SEOとは、見て欲しくないサイトの検索順位を下げることです。企業や個人へのネット誹謗中傷対策として行われます。